住宅の手入れ|炭の家で念願の我が家を手に入れる|家族が笑って過ごせる家
家

炭の家で念願の我が家を手に入れる|家族が笑って過ごせる家

住宅の手入れ

家

新築戸建ては、いつまでも新しさを保っているわけではありません。1億円の新築戸建ても、3000万円の新築戸建てと同じように、やがては傷んできます。だからと言って、手入れを怠ってはいけません。住宅の寿命と言うのは、メンテナンスの有無で大きく変わってきます。 新築戸建てを建てたら、定期点検をしていくことが大切です。住まいの定期点検は、一般的に施工会社がやってくれますが、時期や内容は会社によって違います。引渡し後の点検について、しっかり確認しておきましょう。しかし、点検は業者に任せておけばいいと言うことではありません。建主も日頃から住まいを点検するようにしましょう。もちろん、見るだけでなく掃除も必要です。

住まいのメンテナンスは重要ですが、メンテナンスが面倒と思ってしまうときもあります。ですから、できる限りメンテナンスを面倒と感じない住まいをつくることが大切です。 例えば、家のまわりは楽に歩けるようにするのが基本になります。狭くて歩くのに苦労するようだと、メンテナンスがしにくくなり、長続きしないでしょう。また、屋根に簡単に上がれるようにしておくことも大事です。 できれば、特殊な住宅設備や仕上げ材を使うのではなく、ベーシックな材料を使うようにしましょう。ベーシックなものは安定的に供給されています。流行に左右されないので生産が中止される可能性が低いです。取り替えの手間もなく、安価にできると言うメリットがあります。